大学時代のテスト前の思い出

私は大学の頃は勉強に熱心だった方では無いので、大学時代はテスト前になるといつも焦っていた思い出があります。
一応普段も何もしていないわけでは無いですし、レポートや課題なども結構課されているのである程度は勉強をしていたのです。

が、受験生の頃と比べてしまうと比べ物にならないくらい普段の勉強量は少なかった気がします。
ただ、大学時代はテスト前になると異常な集中力を発揮して勉強を頑張ることがとにかく多かったです。
高校生の頃はテスト前でもあまり身が入らずに勉強に集中することが出来ないパターンも多かったのです。

でも、大学生になってからはとにかく遊びの時間やアルバイトを頑張る時間でお金を確保したかったということもあり、勉強を頑張る時にはいつも集中することを意識していました。
大学時代は勉強の内容がとても奥深いことも多かったです。

さらに、自分で良さそうな教授の授業を取ったり、自分が興味を持つ内容を深く真剣に学ぶことが出来たので、勉強をするのも結構面白かったです。