大学時代の一人暮らしについて

わたしは大学時代、よくある1Kの学生マンションに一人暮らしをしていました。実家から通えない距離でもなかったのですが体育会系の部活動の練習もあって、親に無理を言ってお金も出してもらって一人ぐらしをしていました。今考えるとあれほど楽しい時間はなかったと思います。私が住んでいたのは100人近くが住む学生マンションでいろいろな大学の学生がいました。いつのまにやら友達になり、部屋を行き来したりいっしょに飲みに行ったり、情報交換したりと交友は広がるばかりでした。もちろん、私の場合、部活動の練習とアルバイトがあったのでなかなか時間をとることは難しかったのですが。あの4年間で人と触れ合うことについて非常にこなれることができたのではないかと思います。おかげで就職してからも営業職能で臆することなく、いろいろな業種、立場の方々と渡り合えることができるようになりました。なかなかあのころのメンバーに会うこともありませんがまた、懇親を深めたいものです。