大学時代の冬休みには

大学時代、私が楽しみだったことと言えば冬休みです。
冬休みになると実家に必ず帰ることが出来て、年末年始には実家でたくさん美味しいご馳走を食べることが出来たり、久しぶりに弟と会えてじっくり過ごせるのが本当に待ち遠しかったのを思い出します。
一人暮らしをしていて料理が大の苦手だった私は毎日質素なものや失敗しかけのような美味しくない料理ばかり食べていたので、実家に帰って美味しい料理を食べると涙が出るほど感動していました。
大学時代の冬休みはあまりアルバイトを頑張るより、地元に帰ってリラックスして過ごすことが多かったです。
ただ、大学2年の冬休みでは巫女のアルバイトをして、本当に楽しかった思い出があります。
大学生の長期休暇はアルバイトをしたり、資格習得のための勉強を重ねたりして過ごす子も多かったですが、自分一人でかなり自由で膨大な時間を前にするとついダラダラと過ごしてしまい、有意義に時間を過ごすのが難しかった思い出があります。