大学時代の勉強の思い出

学生時代は心理学を勉強していました。カウンセラーになるのが夢だったからです。とくにあこがれていたのが、スクールカウンセラーの仕事でした。スクールカウンセラーとは、児童や生徒、学生の不登校や問題行動にたいして、心理学的な立場から相談に応じる心理職の専門家のことをさします。近年、心の問題を抱える子供たちが増えていることを知ったのが、スクールカウンセラーを志した理由でした。子供たちの悩みは学校での人間関係から家族関係、塾や予備校での出来事など多岐にわたっているようです。また教師との関係でメンタルの問題が生じることも少なくありません。スクールカウンセラーはそれらの相談と解決にあたるのはもちろん、学校全体の人間関係についても情報収集もしなければなりません。学生時代から、全人的な能力を磨くことをこころがけて勉強しました。そしてスクールカウンセラーになるために、臨床心理士の資格取得に向けて努力したのはいい思い出です。