大学時代の合宿免許の思い出

私は今後の就職に向けて車の免許が必要であり、友人に誘われて合宿免許に参加しました。合宿免許では地方の教習所で泊まりこみをして教習を受けるために、夏休みなど長期休暇を活用して参加する方法が便利です。
私も親が車を運転する姿を見て自分にできるかどうか不安でしたが、友人と参加したためにコツなどを話しながらマスターすることができました。車を運転するためには機敏な判断力が必要であり、アバウトな操作では駄目なために教官によく叱られたものです。
私自身性格はアバウトであるために車の運転は向いてないと思ったこともありましたが、友人にリラックスして落ち着くようにアドバイスされたためにその通りにやってみました。教習が後半になると一般の道路を走行するために、場内でのコースとは違った運転が必要で慎重に運転することを心がけ何とか卒業できました。
私が合宿免許に参加して感じたことは自分自身の性格を治すことであり落ち着いて判断する大切さで、紹介してくれた友人や私を指導してくれた教官には感謝しています。