大学時代の大きな買い物

大学時代、私は趣味でカメラでいろいろな写真を撮ることが好きでした。
ただカメラはお金がとてもかかる趣味でもあるので、大学時代はアルバイトを頑張ってカメラを楽しむようにしていました。
大学生になって、アルバイトを生まれて初めてするようになってから頑張った一番大きな買い物といえば一眼レフカメラです。
10万円以上するランクの一眼レフカメラとを大学一年生の夏に購入し、大学時代はそのカメラを持ち歩いて色々なところに出かけました。
大学生の頃は旅行をすることが好きだったので、カメラで旅先の写真をたくさん撮るのが本当に楽しみでした。
最近はめっきり旅行に出かけたり写真を撮ることは減りましたが、大学生の頃は時間にゆとりがあったので、気が向いたときにはカメラ片手に目的も無く街を散策するのが大好きだったのです。
大学時代に買ったカメラは今も大切に保管しています。
時間が出来たら、大学生の頃のようにカメラを持ち歩いていろいろな場所へ出かけてみたいなと懐かしく思います。