大学時代の学園祭

大学時代に楽しみだたことの一つが学園祭でした。学園祭では、サークルで焼きそばの模擬店を出店するのが伝統となっていました。模擬店の準備は下級生の役目で、もっとも大変だったのが食券を売って回らないといけない買ったことでした。ほかにも思い出として残っているのが、学園祭のサッカー大会に参加したことでした。サッカー経験者の友人の発案で参加したのですが、ほかのメンバーはすべて初心者でした。パスはつながらないは、足は遅いはで、ゲームが成り立つのか不安を覚えたものですが、その不安は現実になりました。しだいに相手チームが攻勢に出始め、守備もうまくいかなくなってしまったのです。その後は、いいように得点を決められ続けました。仲間のふがいないさに腹を立て、怒ってグラウンドを後にする友人も出るなど、少し後味が悪い大会になってしまいました。それでも、学園祭の参加者は学内での打ち上げに参加することができました。今もいい思い出です。