大学時代の学園祭の楽しかった思い出

学園祭は、ただお客さんとして見るのも楽しいですが、参加する方がずっと楽しいと思います。今までで最も記憶に残っているのは、大学一年生の時の学園祭です。私の所属していた部活では毎年一年生が中心になって模擬店を出店するのですが、私たちの時はアイスクリーム屋さんをやりました。
学園祭までにアイスクリームのフレーバーを考えたり、仕入れ先を視察したり、看板等を作ったりと、大わらわでした。だけど、そういった準備も仲間と一緒だったので楽しいものでした。
学園祭の二日間は、11月にしては暖かいアイスクリーム日和で、お客さんもたくさん来てくれました。一日中接客したりアイスを作ったりとバタバタ働いていたので、終わる頃にはクタクタになりました。でも、その疲れも何だか心地よいものでした。
皆で一致団結して一つのことを成し遂げるのは、とってもワクワクして楽しいことです。学校を卒業した今ではもう学園祭に参加することはできませんが、今でもあの時の高揚感をはっきり思い出すことができます。