大学時代の就職活動の苦労

大学院在学中にはじめて就職活動をしました。大学在学中に就職活動をした経験がなかったのと、文系の大学院だったので、理系の大学院生とは違って就職活動には苦労しました。また当時は、最近とは違って大学からの丁寧な就職指導もありませんでした。公務員試験と民間企業の両にらみで就職活動をしたのですが、公務員試験は不合格、民間企業からの内定もありませんでした。そのため、一年間、就職浪人することになったのです。自宅で公務員試験と就職試験の勉強を続けていたのですが、親からのプレッシャーもありました。そんなとき気晴らしになったのが運動でした。公務員試験は結局合格できませんでしたが、就職活動ではどうにか結果を遺すことができました。面接試験も慣れることで、面接官との応答のこつをつかめたのかもしれません。就職活動中は精神的にも追い込まれた時期もありましたが、その試練があったからこそ、精神的にも少し成長できたのかもしれません。