大学時代の山小屋のアルバイト、

大学在学中、親父が定年で退職金の一部をつかって、長野の白馬村に別荘を買いました。

白馬村はスキーや登山で我家にとっても御馴染みのところで、前から白馬に別荘でも欲しいなと言っていたのが実現したものです。
そんなことがあって白馬村の別荘をベースに冬期間はスキー場のホテルでアルバイト、夏になると白馬岳の白馬山荘でアルバイトをしました。

白馬山荘でのアルバイトは、7月下旬から8月一杯までで、何とか真面目に勤めることができました。
山小屋の朝は早く5時前には起床、夜は11時頃就寝となります。
日中は朝から夜まで概ね食器洗いから、布団干しまであらゆる作業がありましたね。

それでも午前、午後ともほぼ一時間ずつの休み時間はあり、其の時は皆さんと茶飲み話で面白かったです。
仕事をしながらいろんな人とお話しすることも出来ましたし、素敵な女性の方も居りましたけどね。

でも、バイトの人は結構いて皆んな登山やスポーツをする人かなと思っていたがそうばかりでは無かったですね。
私みたいに学生バイトが多かったですけど、中には四国から来たと言うおっさんや旦那が単身赴任なので夏の間は許可をもらってバイトにきているという美しい女性の方、何れも皆さん親切で、いい人ばかりでしたし、居心地も良かったです。