大学時代の恋愛観 コラム

恋愛観が大きく変わる節目になるのが、大学を卒業して社会人になることです。
では大学生の恋愛観は、どのようなものなのでしょうか。
大学生と社会人の大きな違いは、自由に使える時間の多さにあります。
その時間を思いっきり使って、恋愛を楽しもうという価値観を持っています。

社会人になってからの恋愛は、特に女性は早い段階から結婚を意識することが少なくありません。
その為に相手を結婚にふさわしいかどうかという視点で見ることが多いです。
これは女性に限ったことではなく、男性も同じように考える人もいます。

しかし学生時代から結婚を意識して付き合うという人は少数派で、純粋に恋愛をします。
余計なしがらみがない為に、社会人になってからよりも純愛である場合も多いです。
また恋愛経験を重ねていない男女も多いことから、純愛になっていることも多いです。

大学生の恋愛観は相手といると落ち着きを求めると言うよりも、恋愛のドキドキを楽しみたいという人が多いです。結婚を意識するようになると、相手といる時の安心感などを求めることが多くなりますが、大学生は刺激のある恋愛がしたいと思っています。

大学には同年代の異性がたくさんいますし、サークル活動、アルバイトを通して出会うこともあり、社会人になってからよりも出会いが多いのも特徴です。
大学時代は恋愛をするのにもってこいであり、恋愛に比重を置いている男女が多いです。

純愛である大学生がいる一方で、相手を次々と変えて恋愛をたくさん楽しみたいという人も少なくありません。