大学時代の旅行

大学生活と言えば、日本では自由時間が多い、たっぷりと遊べる期間という感覚ですよね。
実際私の通っていた頃も、大学受験までは
必死で勉強し、入学してからは勉強もそこそこに、
とにかく上手に自由時間を使う事だけに力を注いでいたように思います。

色々な学業以外の体験、
その中でも今となって一番良かったと思えるのは旅行です。
もちろん就職してからでも、子供が生まれてからでも
旅行は可能ですが、長い期間自由気ままに旅をするという時間は
今の日本では大学生が持っている特権ではないでしょうか。

大学生ですからお金はありませんが時間だけはある。
そんな時に便利だったのが日本国内では青春18切符、
ヨーロッパではユーレイルパスなどでしたね。

自分で時刻表を見て乗り継ぎを計画し、
鈍行列車でどこまでもフリーパスの切符片手に移動していく旅は
社会人になってからでは考えられない贅沢な時間でした。

ただひたすら針葉樹の森を抜けていく一日や
英語も通じない田舎町でのハプニングなど、
当時の旅行は今も忘れられない思い出ですね。