大学時代の歓送迎会の思い出

大学に入学した時に思い出の残る出来事として、新入学生を歓迎する歓送迎会の思い出があります。入学式が終わった数日後に、多くの先輩としての大学生と仲良くなるためのイベントで、私は参加してみて、多くの大学生と友達になった事が思い出です。新入学生の歓送迎会は、大学で行われていて、歓送迎会のセレモニーが終了した後にバスに乗って、親睦会をした事が思い出にあります。乗っていった先は山の草原で、敷物を敷いて昼飯を食べながら多くの大学生と知り合う事ができました。
私は主に高校時代の友達を通じて、他の高校から進学した多くの大学生と会話が弾むようになって、女子大生とも仲良くなっていった事で、特に仲良くなった女子を彼女にする事が出来ました。歓送迎会では、大学の構内で思いっきり自分の得意の歌を歌うカラオケのイベントやゲームなどを行って、多くの大学生と親睦を深める事ができました。親睦会で中を深める事によって、大学などの授業も分からない事などはお互いに教え合えたのです。