大学時代の法律の勉強の思い出について

私の専攻は法学部ではありませんでしたが、私の叔父が法律家なこともあり、
入学前から法曹の仕事に興味を持っていました。

大学では法学部以外の人でも受けられる法職課程という講座を夕方やっていることを知りました。
私は入学当初は張り切っていたこともあり、学部の勉強とは別にその法職過程を受けることにしました。
その授業は大教室での講座で、重い六法全書を持っていくのが必須でした。
テキストも何冊か買って一生懸命授業を聴いていました。

さらにそれだけでは物足りず、大学2年生から資格の学校に通い始めました。
弁護士になりたいという思いがあったので、一生懸命勉強しました。
しかし、やっていくうちに公務員の仕事にも興味が出てきてしまったので、
途中から公務員の講座に変更することにしました。
公務員の試験科目にも法律は必須なので、それまでやっていたことも活かされたので
良かったと思いました。

結局就職先は全く違う所になってしまいましたが、当時法律を勉強したことで
法律の知識が役立っているので良かったです。