大学時代の自転車通勤

大学生の頃は、自転車で大学まで通勤していました。
電車に乗ってどこかへ出かける時以外は、基本的に自転車に乗っていろんなところに行っていました。
なので、大学時代は自転車にたくさん乗っていたことがいい思い出になっています。
大学までは自転車で行ける距離だったので、近くてとてもよかったです。
遠いとやっぱり通勤が大変なので、近くに大学があることはいろいろとメリットが多かったです。
ほぼ毎日自転車に乗っていたということもあり、けっこういい運動になりました。
自転車って意外といい運動になるんですよね。
いろんなところを走っていると、坂があったりするので、ちょっとした筋トレにもなります。
学校の帰りにスーパーによって食材を買ったりしたのも、今となってはいい思い出です。
自転車は僕の大学生活には欠かせないものでした。
たまに気分転換に歩いて大学まで行ったこともありましたが、やっぱり歩くのと自転車に乗るのでは時間に大きな差がでてきます。
自転車に乗ると移動できる範囲が一気に広がりますからね。