大学時代の1年間、新聞奨学生として働きながら大学に通っていました。

私は東京での大学時代、上京して1年間は新聞奨学生として住み込み寮で暮らし、働きながら大学へ通っていました。家庭の諸事情で両親からの仕送りが一切なかった私は、新聞奨学生であれば誰にも迷惑をかけずに東京で大学生活を送れるだろうと考え、行動に移したのでした。

新聞販売所には私のような大学生の他、短大生や専門学校生、それに浪人生も何名かいました。浪人生は受験を控えているため配達部数もそれほど多くはないのですが、男子大学生は配達部数もかなりあり、雨や強風、そして雪の日などはとにかく大変でした。

私の場合は毎朝2時半に起床しチラシを新聞に折り込み、4時から7時まで朝刊を配達していました。朝刊後朝食を取り、その後は夕方3時からの夕刊配達までは自由時間でした。早起きしなくてはならないことが多少辛くもありましたが、年齢も近いいろんな都道府県から集まった学生や浪人生たちと、同じ屋根の下で生活し、同じ釜の飯を食うという経験を大学時代にできたことは、私にとっては貴重であると、今も思っています。