大学時代はオシャレが大好きでした

長い人生の中でも、一番オシャレに熱中していた時期といえば大学時代だったと私は感じています。
私は都心にある大学に通っていたということもあり、周りの友達やキャンパスの雰囲気もオシャレな感じの生徒が多く、自然とオシャレには身が入りました。
たかだか大学に行くだけのためにオシャレを頑張る必要はあるのかと時々考えることもありましたが、当時は本当に若かったので色んな流行りの服に身を包むことが幸せでした。

また、高校生の頃とは違ってアルバイトを始めたので金銭的にゆとりが生じたのでよくアルバイトを頑張ったご褒美に洋服を買うことも多かったです。
大学生の頃よりOLになった今の方がオシャレに気合が入らなくなってしまい、安い服を買うことも増えたのですが、大学時代はオシャレをするのが本当に好きだった思い出があります。
高校生の頃とは違って私服です。特に女子学生はお互いのファッションをさりげなくチェックするのが習慣になっていることも多かったので、オシャレのために結構お金がかかりました。