大学時代はバイトに燃えていました

私は大学時代には、勉強にそれほどまじめに取り組んだ思い出は無いのですが、学外の活動ではアルバイトに燃えていました。
私は大学時代は一人暮らしをしており仕送りはあったもののお金に困ることが多かったので、アルバイトは欠かせませんでした。
夏休みなど長期休暇になると普段のアルバイトに並行して、短期アルバイトでイベントスタッフをしたこともあります。
アルバイトは大学生にとって大人気ですし、長い人生の中でも学生の頃くらいしか熱中できるタイミングは少ないので、アルバイトをしておいてよかったかなと思います。
アルバイトをしたおかげで好きな洋服を買えたり、サークルの飲み会にもこまめに参加出来たり、親しくなった友だちと格安ツアーや格安の予算ではあるものの海外旅行を楽しむことが出来たので、大学時代を華やかにすることが出来たのです。
大学四年の頃になるとバイト先でバイトリーダーになることも出来て、たくさん後輩を持てたり時給がアップしたことも良い思い出の一つです。