大学時代は一人暮らしが新鮮でした

私は大学時代、生まれて初めて一人暮らしを経験しました。
一人暮らしをするにあたっては、慣れないことだらけで本当に苦戦しましたが、大変だったことと言えば食事をどうするかでした。
料理などしたことが無かったのですが、大学に入って飲食店でアルバイトをしたこともあり、少しずつ料理をする方法やコツがわかってきて、一人暮らしをするようになったので自炊のスキルがアップしてきました。
また、晩御飯は飲食店でアルバイトをしていたのでまかないを貰うことが出来たり、生活費の中で食費を節約することにも成功しました。
大学時代は親元から離れて一人暮らしを経験したのですが、その分生活費のやりくりやお金の使い方に関する方法を学ぶことが出来たり、自分で食事や洗濯をこなすという基本的な暮らしのスキルを身に着けることが出来たので、とても良い経験をすることが出来ました。
学生時代はアルバイトしながら勉強も頑張りましたし、一人暮らしの経験を積めたので本当に充実した時間でした。