大学時代は体力が自慢でした

私が懐かしいと感じることと言えば、大学時代にはとにかく体力があったので朝まで徹夜をして過ごすことも平気だったり、たくさん遊び歩いてもへっちゃらな体力があったことです。
また、サークルではランニングを楽しむサークルに入っていたので、大学時代にはますます体力を培ったり、健康を維持することが出来ました。
ランニングサークルに入る前には少ししか走れませんでしたし、体型もぽっちゃりしていたのですが、サークル活動で頑張って走るようになってからは長距離走も楽しめるようになりましたし、少しダイエットに成功をして引き締まった体を手に入れることも出来たのです。
ランニングサークルで鍛えた足を活かして、大学時代にはタクシー代や電車賃を少しでも浮かすために歩いたことも懐かしいです。
自宅から二駅離れたラーメン屋さんに歩いて通い、ラーメンの大盛りを食べてまた自宅に帰ってきたり、とにかく元気があったのでいろんな店で外食することにも興味津々でした。