大学時代は毎日が忙しかった

大学生になるまでは学生といえば自由な時間が多そうなイメージがあってワクワクしていたのですが、いざ自分が大学生になってみると意外と忙しいことに気付きました。
私は学業とサークル活動を主に取り組むことにしていたのですが、それだけでは遊びのためのお金が足りません。

また、生活費にゆとりを持たせてやりくりできないのでアルバイトに追われることが多かったです。
親からたくさん仕送りを貰っている子は正直羨ましかったです。

が、平日も学校が終わった後にはアルバイトに行ったり、時給がアップする22時以降はアルバイトの狙い目なので24時過ぎまでアルバイトを頑張る時期もあったり、大学時代は朝から晩まで忙しい日が多かった記憶があります。
大学時代の四年間は長いようであっという間に過ぎていきましたが、忙しくてもたくさんの交友関係を広げられたり、友達とくだらない遊びを楽しめたりもしました。
大学時代は学業だけでなくバイトや友人との遊びで、自分の世界が広がりました。