大学時代は良い思い出ばかり

私の大学時代と言えば、理系の学科だったこともあって周りは男ばかりで、いつも仲の良い7,8人でつるんで遊んでいました。遊んでいたといっても、スポーツをするとか合コンをするとかではなくインドア派の集まりでしたので、誰かの家でゲームをしたり、時には焼肉の食べ放題に行ったりというような遊び方でした。
改めて考えてみると、あまり体を動かすようなことをしない割によく食べていたので、不健康な生活だったかもしれません。しかし、とにかく当時は楽しかったですし、大学の勉強にしても自分で選んだ学科に進んだわけですから、興味がもてる授業も多く充実していたのは間違いありません。
当時の友達とはまだ時々連絡を取ることがあります。小学校、中学校、高校とありましたが、大学でできた友達とは現在に至るまで長く続いている人数が多いです。
大学の4年間は学生から社会人になるという、人生で最も中途半端ともいえる期間でしたが、強く思い出に残っています。