大学時代は遊びに熱中

私は大学時代は、受験から解放された素晴らしい開放感や、新たな友達を持てて環境が変わって一人暮らしを始めたことなどをきっかけに、勉強よりも遊びの方に熱中していた思い出があります。
大学生になると高校生の頃とは違って行動範囲も広がりました。

また、大学ではたくさんの人と毎日顔を合わせたり、アルバイト先で歳の離れたいろいろな人と触れ合ったりと、たくさん友達を増やすことが出来ました。
遊びは一人で行なえるものもあります。

でも、友達と飲みに出かけたり、一緒にショッピングや外食を楽しんで街歩きをしたりと、自分以外の人と時間を過ごす時間は本当に楽しかった思い出があります。
私は女性なので、同じ女子の友達と一緒にカフェに行ったり買い物をすることもよくありました。
また、大学時代は奇跡的に彼氏が上手く出来たので、花火大会を見に行ったり一緒に遊園地へ行くという高校時代からやってみたかった憧れのデートを楽しんだりもしました。
遊びをして東京の街にも詳しくなれましたし、大学時代は青春時代だったなと思います。