大学時代は飲み会をするのが好きでした

私は大学時代、一番好きだったことと言えば飲み会をすることでした。
友達とお酒の無い交流を楽しむことももちろん好きだったのですが、大学生になって初めて飲み会をする楽しさや、お酒の味と言うものを覚えました。
飲み会をすると初対面の人とも自然と打ち解けて仲良くなることが出来たり、お酒のパワーで饒舌になるのか自然と和やかでおしゃべりな雰囲気で過ごせることも多く、飲み会を通じて大学の友達を増やすことが出来たり、仲間と盛り上がることが出来るので本当に楽しかったです。
社会人になってから上司と飲んだり、仕事仲間と飲むのも良いものですが、これまでの人生の中でも一番楽しかった飲み会をしていた頃は大学生の頃だったと思います。
大学時代には元気があったので飲み会の後に終電が無くなっていると、カラオケをして朝までオールで過ごして遊ぶこともたびたびありました。
今は徹夜をすると数日後を引きますが、大学時代はとにかく体力があったので遊びで徹夜したり、テスト前夜の徹夜もよくあることだったのも懐かしい思い出です。