大学生といえばサークル!

私は映画研究会というサークルに所属していました。
脚本がやりたくて入部したのですが、そこの部長がとてもかっこよくて、部長目当ての女の子がかなり多かったです。
もともと部長が映画好きで、だからこそ部長が立ち上げた映画研究会だったのですが、映画を撮る前のヒロイン決めはかなりもめました。
メイン女優に選ばれた人が部長の彼女になれるという決まりでもあるかのような競争率で、私はそれをいつも隅で見ていたんです。
そもそも私は可愛くもなく、脚本担当なので女優争いには関係なかったので。
ただし私が部長に憧れていたのもまた事実。
諦めかけていたころに部長から「すごくいい脚本を書くんだね。気に入ったよ。でも少しアドバイスしたいから今週、二人で逢えないかな?」とお誘いが!
特に大きな進展はなかったのですが二人で映画について話し、ほかの部員には内緒で出かけることができたのは甘く、そしてもどかしい思い出です。
ピュアだったあの頃。
手でもつないでおくんだった…!笑