大学生の時、医学部の先輩とお付き合いをしたことがあります

わたしは大学時代ドイツ語研究会というサークルに入っていたのですが、サークルには医学部の男性が10人以上いました。1回生の時、3回生の先輩からぜひ付き合ってほしいと言われ、穏やかで優しい人だったのでOKをしたんです。彼のお父さんが岡山で大きな病院を経営しており、彼がその病院の跡取り息子であることを知ったのは、お付き合いを始めてから1か月くらい経ったときでした。

わたしの家はごく平凡なサラリーマンの家庭だったので、これは生活水準が違いすぎるのではないかと不安になったのですが、やはり案の定何かにつけて彼は高価なプレゼントをくれるんです。洋服やアクセサリーなどわたしにはとても高価だと思うものも、彼にとってはたいした値段のものではないんですよね。

彼は毎月のお小遣いが10万円だと聞いて、正直びっくり仰天してしまいました。わたしは家庭教師などのアルバイトをしていて、親から小遣いをもらうことは一切なかったからです。わたしのことをとても大切にしてくれる思いやりに溢れたいい人でしたが、たくさんプレゼントをもらったり高級レストランで食事をごちそうしてもらうのに気が引けてどうにも居心地が悪く、結局半年あまりで交際をお断りしてしまいました。

あのまま付き合っていたら病院長夫人になれたかもしれないのになんて友人から冷やかされましたが、とことん庶民感覚のわたしには、荷が重すぎてそんな大役はとても無理だとしみじみ思いました。