大学生の時、短期留学でサンフランシスコに行きました

私は大学2回生の夏休みにアメリカに短期留学に行ったのですが、一番最初に着いた町はサンフランシスコでした。サンフランシスコはとても坂が多い町で、ケーブルカーが走っています。自由時間になって外出をしていいことになったので友人3人とケーブルカーに乗ってみようとしたのですが、どこを探しても停留所がありません。

うろうろしていると、目の前で手を上げてケーブルカーを止めたおじさんがいたので、びっくりしてしまいました。あわててわたしたちも一緒に乗り込んだのですが、今度は降りようとしてもそれを知らせるブザーも何もないんです。やはり手を上げて車掌さんに合図をして降りた人がいたので、とりあえずその人と一緒にまたあわてて降りました。

サンフランシスコのケーブルカーは交差している道ならどこでも停車するのですが、乗り降りがなければどんどん通過してしまうんですよね。結局降りた場所がどこなのかさっぱりわからず、タクシーを拾って3人でホテルまで帰るハメになってしまいました。

初めて着いたアメリカの町サンフランシスコで、ケーブルカーの乗り降りの仕方がわからずすっかり迷子になってしまい泣きそうになったのも、今思い出すと笑える楽しい思い出です。