大学生の時のアルバイト

大学時代はアルバイトに明け暮れていました。学費を自分でまかなわなければならなかったからです。

そのうちとくに印象に残っているのが、卒業前最後のアルバイトとなったスポーツジムでのアルバイトでした。スポーツジムといってもごく簡単な器具とプールがあるほどのものでした。それでも、さまざまな仕事のお客さんと、トレーニング中に話相手をするのが楽しみでした。

アルバイトの目的は卒業旅行の資金をためることでした。バックパックを背負っての東南アジア一人旅でした。卒業前の冬から春までアルバイトをして、ようやく数万円がたまりました。そこから飛行機代をのぞくと、手元には2万円ほどしか残りませんでした。

残念ながら、そのスポーツジムはアルバイトを退職後、閉鎖されてしまいました。インストラクターの経験もない自分がなぜ採用されたのか不思議だったのですが、ジム側も閉鎖が予定されていたので、短期間だけ働けるアルバイトを探していたようです。