大学生の本分は勉学

学生の本分は勉強、とは良く言いますが私は勉学を修めながらも、
食べ物、飲み物、家庭、友達、娯楽といった物もエンジョイしていました。
勉強は早めに済ませ、すっきりとしてから遊ぶという方法を取っていました。
映画も良く観ましたが、勉学になるように外国語の映画を観ていました。
勉強の休憩に食べたり飲んだり友達と遊んだり娯楽を楽しんだり、
といった感じであり、遊びながらも一応は勉強を中心とした生活であり、
やはり本分は勉学だったのでしょうね。
勉強を楽しくさせるポイントは沢山ありました。
新しい参考書などを買うと、勉強の楽しさがぐっと上がりましたね。
誘惑の多い大学生時代、実は勉強よりも遊びに夢中になった事もあります。
その時でも、一応最低限の勉強はこなしており、
勉学のノルマを達成してから遊ぶ、という方法をしていました。
最低限の勉学であっても、一応大学にはついていけましたし、
大学生時代に遊んでおいて良かったな、とも思います。