大学生の頃の自分磨き

私が大学時代、目覚めたことと言えばオシャレを楽しむことです。
大学生になって初めて東京に出てきた私は脱毛サロンに通うようになりました。

少しオシャレな美容院へ行って自分に似合うヘアスタイルを工夫したり、友達と一緒にオシャレなショッピングスポットへ行って買い物をしたりと自分の身だしなみやオシャレへと気を配ることも増えました。
高校生の頃とは違って、大学生になってからは校則も無いです。

また、お化粧が禁止されてしまうといったことも一切無かったので本当にオシャレを楽しめた素晴らしい時期だったと思います。
大学生の間は多少メイクが濃くても大丈夫です。

しかも、派手なデザインの服や短い丈のワンピースなども何も気にする事無く着ることが出来たので、今から思うと本当に若かったなと思います。
大学生の頃の最初のうちは毎日私服と言うことに慣れずに服の着回しで頭を悩ませることも多かったり、メイクが面倒だったりしましたが、オシャレや身だしなみに対して気を配った習慣は社会人になっても役立っています。