大学生の頃は自炊が大変だった

私は大学生の頃、初めて経験をしたことといえば一人暮らしによる自炊です。
一人暮らしで誰も料理を作ってくれませんし、外食をしたりコンビニ弁当が続くのはお金のやりくりのことや健康のことを考えるとかなり厳しかったので、大学生になって生まれて初めて自炊を経験することになりました。
自炊は慣れないうちは本当に大変で、最初の頃はとりあえずパスタをゆでて、適当にスーパーマーケットで売られているレトルトパウチに入ったパスタソースを食べるという生活を送っていました。
周りの大学生の友達で、自炊をしている子もパスタを愛用している子は多かったです。
次第に物足りなくなり、オリーブオイルを買ってみて適当にトマトなどの野菜を入れてパスタソースを作るようになったり、パスタ以外の簡単な料理にもチャレンジしました。
一人暮らしなのでたくさん作りすぎてしまうと毎日同じものを食べる羽目になったり、失敗もたくさん経験しましたが、自炊は大変ながらも良い思い出になりました。