大学生はお金がないのです

私は大学生の時、アルバイトをしていました。でもそれでも一人暮らしをしている私には全然足りませんでした。だから好きな人ともろくにデートもできなかったのです。何をするにもどこへ行くにも、お金が必要なのです。
だからいつものデートは公園でした。私が作ったおにぎりを持って、水筒を持って公園へ自転車で行っていたのです。寝たり本を読んだりするだけなのです。でも当時はこれだけでとても楽しかったです。
好きな人と一緒にいれるだけで、私はとても楽しかったのです。お互い大学生で勉強とアルバイトに追われる日々でした。そんな中で私達は恋愛をしていたのです。好きだという気持ちだけがあれば、いつでも幸せだったのです。
お金はないけれど、愛情は持っています。その気持ちだけでお互い十分幸せだったのです。一緒にいる時、何もしていないでもとても幸せを感じていました。
本当は遊園地へ行ったり、映画を観たりしたいです。お金はなくても夢の恋愛はしたいのです。