大学生は羽を伸ばしている

2月と言えば、私が一番記憶に残っているのは大学受験の年です。私が通っていた大学は私学なので、通常よりも早めに試験が行われていました。時期としては2月の頭頃になります。何とかその試験に合格して大学に入れたわけですが、大学生となってからは入試に対するイメージが大きく変わりました。高校時代は「まだ、来てくれるな!」と思うものだったのですが、大学に入ってからは「早く来い!」と思うものになったのです。
その理由は期末試験です。大学の後期の期末試験は1月頃に行われます。そして試験が終わるのはちょうど入学試験が行われる前辺りとなるのです。なので、「早く来い!」といつも思っていました。自分が受験する立場でなくなった途端、大きく変わってしまいましたが、こんなものなのかもしれません。とにかく、大学生は入学試験を心待ちにしていました。受験生が大変な中、大学生は勉強から解放されて羽を伸ばしていました。こんな現実、入学試験前に知らなくて良かったと本当に思います。