大学生時代にお酒の味を覚えました

お酒の味を覚えたのは大学生時代でした。
おそらく、殆どの人が大学生時にお酒の味を体験するのではないでしょうか。
大学生になり、20歳を超えてからまずは一人でお酒を買って飲んでみました。
最初はすぐに酔ってしまうし、気持ちが悪くなってしまうためにお酒の良さが分からなかったのですが、その後度々飲む事で段々とお酒の楽しさが分かるようになりました。
今日は大学に行くのが面倒だな、アルバイトを休みたいな、なんて起きるのが億劫な日には帰宅をしてからお酒を飲もう、と思うことで自分を叱咤激励していました。
勉強やアルバイトといったやるべき事をこなさなければお酒の味も美味しくないんですよね。
誰かと一緒に長時間飲むもの楽しいのですが、誰かと一緒に居ると何時間でも飲めてしまう私、自分をセーブするために大学のサークルで飲む事になっても、アルバイトを入れて避けていたものです。
大学生時代にお酒の味を覚えたため、社会人になってからは飲み会で楽しめています。