大学生時代には思い切り人生をエンジョイ

20歳の大学生時代、インターネットにおいて年上の友達がおり、
社会人の辛さを知っていたために大学生時代はなるべく楽しもうと努めていました。
社会人になるとお金を稼ぐのが大変、趣味をするよりも寝ていたい、
そもそも趣味に興味を持つ気力が無くなる、なんて社会人の大変さを聞かされていましたが、
当時まだまだ20歳の私、元気いっぱいであり社会人になるなんて遠い未来の事、
もしくは社会人になど一生ならないのでは、とすら思っていました。
そんな想像力の無さでしたが、想像力が無いために今を楽しむ事ができていました。
裕福な家に育ち、過保護な親から多額の小遣いを貰っていたために、
洋服、十分で贅沢な食費、外食、交際、漫画、ゲーム、インテリア用品、電子機器、
といった色々な物を買ってもまだお金が余っていたくらいでした。
お金=楽しい、とするのは短絡的かもしれませんが、
大学生時代はお金に困った事が一度も無かったので無邪気に楽しめていました。