大学生時代に得たもの

私の出身大学では一年生からゼミがありました。10人前後くらいの少人数グループで議論や色々と活動をしていきます。先生との距離も近いので専門的なことを直接学べるいい機会でもありました。週に一度のゼミですがそれまでには勉強会のような集まりもあったりして、結構活発なゼミに所属をしていました。また先輩、後輩のつながりもかなり強くあるところでそこでも議論をしたりしていました。議論をするというのは高校生まででは私はあまり経験をしたことがなかったので慣れるまでは時間もかかりました。頭で考えていることを相手にきちんと伝えるのは思った以上にすごく難しいことでした。これは学生の内に勉強しておいてよかったなと思ったことです。また、国際活動も活発なところでしたので実際に私も行きました。一週間ほどですが旅行や留学ではまず行かないような場所ですし、それも勉強する機会でしたのでかなりいい経験になりました。現地の人と交えて勉強するということで国によっては考え方がこうも違うのかと刺激にもなりました。学生時代にこのような経験をしたことは後に社会に出るにあたって、とても勉強になりました。