大学生活最初で起きた出来事について

私は今から19年前の4月に東京都の私立大学に入学しました。
生まれて初めての東京での一人暮らしをスタートさせた私を待ち受けていたのは、大都会東京での都会的生活に触れる楽しさと、東京でのカルチャーショックの連続の日々でした。
私が東京に上京した当初でいつもしてしまっていた事の一つに「迷子」がありました。
私は東京都の23区、特別区の一つである練馬区と言う所に木造の賃料の安い賃貸アパートの6畳半の部屋を借りて生まれて初めての一人暮らしをスタートさせたのですが、当時私が大学生活をスタートさせたばかりの時に困ってしまったのは、「東京都内の駅、特にターミナル駅」での迷子になってしまうという事象でした。
私は池袋駅というターミナル駅を利用して学校に通っていたのですが、池袋駅は構造がとても複雑で大学の同級生の人と待ち合わせをする時に私は池袋駅で待ち合わせを当時良くしていたのですが、池袋駅で待ち合わせをする度に迷子になっていたのです。