失恋の思い出

今まで何度、失恋を繰り返してきたことかわかりません。とくに学生時代の失恋は、精神的にひどく落ち込んだ思い出があります。当時は大学で知り合った彼女と遠距離恋愛をしていました。ところが就職活動に入って、しだいに会う機会が減ってしまったのです。そんなとき、携帯電話のショートメールで一方的に別れを告げられました。目の前が真っ暗になってしまいました。さらに悪いことに、就職活動もうまくいかなかったので、二重のショックとなってしまいました。さらに追い討ちをかけたのは、当時の彼女がほかの男性にも言い寄っていたことを知ったことでした。いわゆる二股というやつでした。そのころは人間不信になってしまいそうでした。その後、一年間の就職浪人をへて、どうにか社会人になることができました。就職活動の失敗と失恋を経験して、自分の内面を冷静に見ることができるようになったと今は感じています。失恋も人生の糧になっているようです。