失敗は必ず振り返ろう

現在就活の時期になると就職率の問題などがニュースで取り沙汰されるご時世です、なかなか就職も決まらない方が多く就職氷河期なんて寂しい表現まで現れてしまうようになってしまいました。

ですが、そんな表現に落ち込んでしまっていても仕方ありません。そこで落ち込むのではなく「なぜ成功しなかったのか」とかんがえるのも就活の大事な役割です。

人はどうしても失敗したものに対して逃げたくなるものです。就職に失敗したとしても何故面接に受からなかったのか、自分で分析しようとすることを諦めてしまっては次の面接にも活かせません。

就活はある意味でも社会にもまれるための準備運動のようなものだと思います。今までの生活から飛び出して厳しい社会の空気に初めて触れるいわば登竜門ですから、そこで耐えぬく力と自分自身を磨く努力が必要です。

失敗を必ず振り返り、もし幾つか振り返る材料が揃って共通した「あっ」となる点があれば、それだけで一つの成長です。そうしたことを繰り返して、短期的な急成長を遂げると人の印象も変わるものです。