嫌いなお客さんはいるものです

バイトをしているといろんなお客さんに会います。しかも私がしていたのは深夜まで続くバイト。バラエティーさはさらに富んだものになります。そのようなことがあってはいけないのですが、苦手なお客さん、嫌いないお客さんはいました。
例えば、深夜に子供を連れてお店に来るお客さん。10時、11時頃に幼稚園児くらいの子供を連れてやって来るというお客さんがいました。当然、子供は眠そうです。一人にしておくのが不安だったから連れてきたのか、それとも何も考えずにただ連れて来たのか。いずれにせよ親の勝手でしかありません。そんな小さい子がいるのに、そんな遅い時間に出てくるべきではありません。中には眠っている赤ちゃんを連れてくるお客さんもいました。勤め先はレンタルショップだったのですが、そこまでして見たい映画でもあったのかと思ってしまいます。そういったお客さんをレジで対応したこともありましたが、いけないとは思いつつ多少態度の悪い店員になってしまっていました。