嫌でしょうがなかった中学受験

私は中学受験の経験があります。
地元の公立中学に進むつもりだったので受験はしないつもりだったのですが、「記念でいいから受けなさい」と言われたので、受けることになりました。
受験のために、本来だったらしなくてもいい勉強をさせられ、分からないと怒られ、泣きながら勉強していました。
私は勉強はどちらかと言うと好きなほうなのですが、それでも、したくもない勉強をするというのはかなり苦痛でした。
受験勉強期間は、勉強が本当に嫌になりました。
その中学には、合格することが出来ました。
それは良かったのですが、私は受験が終わったという開放感のほうがよっぽど嬉しかったです。
受験というのはどこかで必ず通るものだと分かってはいますが、こんな形の受験は嫌だったなと思います。
行きたいところがあって、自分で頑張って勉強して受けるというのが一番だと思います。
無理やりだといいことありません。
それを中学に入る前に実感しました。
高校のときは、行きたいところがあったので、自然と頑張れました。