嫌なイメージを持ってしまう

ウィンタースポーツは自分ではしないのですが、長野五輪を見て以来、見るのは好きになりました。種目はあまり問いません。シーズンである冬しか見られませんが、放送していれば何でも見ています。しかし、受験の時は見られたものではありませんでした。ほとんどのスポーツが『滑ったり』『落ちたり』するからです。
特に、見られなかったのがスピードスケート。随所で嫌なイメージを持ってしまうので、見られたものではありませんでした。スタートダッシュで『出遅れる』、コーナリングで『ミスをする』、コーナリングの最中で『転んでしまう』、滑らかに『滑っている』などどれもが危ないものでした。テレビの実況や解説の人達はこんなにはっきりと言いませんし、『転ぶ』をマイナスワードとして捉えてしまうのは少し無理矢理な気もしますが、連想してしまうのでちょっと見られたものではありませんでした。その年の日本人選手の活躍を知ったのはシーズンが終わった後のことでした。