子供のお受験

学歴社会といわれる現在において、子供のお受験はより大きな問題になってきたといいます。受験というのはもはや限られた家庭の限られた子供だけが行うものではなくて、一般的な家庭の子供でも、その選択について十分に考えてみる必要があるのだそうです。
私は少し前まで我が子にもなんとなく、自分と同じように学区内の公立小学校に通って中学校に通って、近くの高校へという道を歩ませることを想像していたのですが、昨今のお受験問題を聞いていきなり目の前に新しい道が現れたような感覚に陥りました。受験というものを選択肢の一つとして、よく考えなければならないことを今は理解しています。
どんな選択だったとしても、子供の将来ことですから子供に任せるのが一番だと思うのですが、まだ将来について明確なビジョンを持つことができない子供を導くのが、親の役目なのだといわれればそうなのかもしれないと思いますし、難しい問題ですね。
とりあえずその場の状況に流されてしまうようなことだけは避け、ちゃんと考えた上でよりよい道を指し示して上げられるようにしたいです。