子持ち女性の就活ポイント

近年、共働き夫婦が増えています。働いている間子供を預ける保育園も、待機児童問題が深刻化しています。
このような、働く既婚子持ち女性の就職に対するハードルは年々高くなりつつあります。子供があるというだけで面接すらしてもらえないという事も多いでしょう。それでは、どのようにアピールすることが採用へとつながるのでしょうか。
まず、会社が一番懸念するのは「子供を理由にした欠勤」です。また、保育園も預けられる時間が決まっているので、残業対応などが難しいという面も考えられるでしょう。
周囲に子育てを手伝ってくれる身内や知人はいないでしょうか。もしもいない場合は、行政の子育てサポートがあります。保育園の迎えや簡単な保育を任せることが出来るので、残業する日のみという使い方もできます。また、近年増えているのは「病児・病後児保育所」です。小児科のある大きめの病院に併設していることが多いのですが、病気の子供を預かってもらえます。長期欠勤が避けられるので近くにあるか探してみるといいでしょう。
このようなサポートを使い、いかに仕事に影響を与えずに済むかということはやはり大きなアピールポイントとなるのではないでしょうか。