学力に自信がない場合は推薦を狙おう

自分の学力と合わない大学に進んでしまうと、授業についていけない可能性が出てきますが、
それでも「自分の学びたいことはこの大学でしかできない」ということもあるはずです。
受験生らしくセンター試験に向けてコツコツ勉強していくことも良いですが、
推薦入試を行っている大学の場合は、そちらも挑戦してみるとチャンスが広がります。
推薦には高校3年の内申点がある程度高くないといけませんが、
勉強をしているのなら、普段の中間・期末テストもそれなりの成績が取れているはずです。
進学を考えている学生の場合は、内申点が低すぎて推薦が無理というのはないと思います。
英語が苦手な人は、文系も理系もセンター試験では必須科目なるので、狙うには難しくなります。
自分の苦手分野ではないところだけで受験対策ができるのならば、
気持ち的にも前向きになれます。
そこで推薦入試の選択肢が出てくるわけです。
大学によって推薦入試の内容は違いますが、
ほとんどの場合面接があると思うので、
面接対策をしっかりすることが大事です。
大人の人に向かって自分の意見を話す練習していきます。
今や大学受験は勉強の出来具合だけに左右されません。
自分らしく受験する推薦入試、挑戦する価値はあります。