学園祭が楽しいと思える理由

学園祭のカオス状態が好きです。
知り合いの学園祭に行ってみて思ったのですが、あの無秩序や騒音や出店の数や看板、チラシが散らばっている様を見ると何となくワクワクする気がします。

もちろん、どちらかと言えばこういうイベントはスタッフとして参加した方が楽しいのでしょうが、たまには参加するだけでも面白いものです。

例えばお金を支払ってみる本格的なイベントに比べて、バンドなどのステージ、たこ焼き屋などの出店のレベルは低いです。
更に教室を使って行う出し物に関しても「やはり学生だな」と思うようなレベルばかりですから、それだけで満足考えられるわけでも、ワクワク考えられるわけでもありません。

そこにいる人たちが楽しそうにしていて、そしてそうすることで満足感がえられるということが重要なのだと思います。
つまり、「楽しんでやっているかどうか」が重要なのであって、それさえクリアしていれば大抵のイベントは楽しくなるものだと思っています。

学園祭はその雰囲気を感じられるので楽しんでやっているからこそこちらもワクワクするのです。