学園祭での出会い

学生時代は一学年下の女子学生と交際していました。きっかけは、毎年11月に開かれていた、大学の学園祭でした。この学園祭では、サークルで焼きそばの模擬店を出店していました。屋台の設営から材料の買出し、食券の販売もしなければならないなど、なかなか忙しかったのですが、特に大変だったのは、食券の販売にノルマがあったことでした。もちろん簡単に売れるものではなく、同じようにノルマがあるほかのサークルの部員と食券を交換していたのです。食券を交換したのは、以前から気になっていた同じ学部の学生でした。それが交際のきっかけになるとは思っても見ませんでした。結局、食券を完売させることはできませんでしたが、彼女との付き合いが始まったので、そんなこともすっかり忘れてしまいました。よく考えてみれば、高校時代は、恋愛とは無縁の生活だったので、新鮮な感じがしました。交際のきっかけになった大学の学園祭は、今もいい思い出として残っています。