学園祭での出店について

私は、高校時代の学園祭でたこ焼き屋さんを出店しました。高校時代の出店は、食品の販売については食中毒などが発生しないようにするためにとても厳しくて、私の学校では学園祭の前にクラス全員の検便を行なわなければならず、検査に引っかかると対象者は一切製造に携わることができないというものでした。
うちのクラスは無事にみんな検査をパスすることができて、無事にたこ焼きの販売を行えることができました。しかし、本来なら、たこ焼きのネタから作ってたこやきを焼く機械で焼いて販売しようと思っていたのですが、衛生上の問題が発生する恐れがあるので、冷凍のたこ焼きを販売することになりました。
そしていよいよ文化祭の当日です。私のクラスは校舎の最上階の一番端っこに教室があったので、お客さんがなかなか来店してくれず、最初は売れませんでした。しかし、午後からみんなで出前や歩き売りを行っていったら徐々に売り上げが伸びていきました。
最終的には、完売することができ、利益も出たのでよかったです。