学園祭での出店体験

学園祭は見ることも楽しいですが、運営にかかわることも楽しみの一つです。
私は学生時代に部活のメンバーとクレープのお店を出店しました。
クレープを選んだ理由は機材の少なさが挙げられます。
厨房機器が必要な出店は機材のレンタルでお金がかかり、赤字になってしまう事もあります。
クレープはホットプレートがあればあとはそれほど機械を必要としません。
クレープにのせるトッピングはお菓子作りが得意な部員が担当し、力のある男の子は当日の生地造りを担当します。値段設定は悩みましたが安めに設定しました。
安めに設定したことが功を奏したのか、学園祭当日から最終日まで常に混雑する状況でした。大変だったのは生地造りを担当する男の子チームです。
朝から晩まで小麦粉と牛乳、卵をかき混ぜる作業でとても辛そうでした。あまりの混雑ぶりに急きょ、他大学の友人も参加してもらい学園祭期間を乗り越えることができました。
クレープのメリットは機材の安さ、作りやすさもありますが、うまくやりくりすれば原価も抑えられるので意外に儲かる出店だと思います。