学園祭での擬似献血とその目的

最近ある地域の学園祭にて、ちょっと変わった事が行われていたようです。献血です。
ただしそこで、実際の献血を行うわけではありません。いわゆる「擬似」の献血なのだそうです。実際の献血に近い状況を作り上げ、その学校の生徒によって擬似献血が演出されるそうなのです。もちろんそれに参加した人々は、献血の疑似体験ができるのですが。
ところでなぜその学校では、献血を模しているイベントを開催しているのでしょうか。
献血の重要性です。その学校の生徒としては、献血はとても大事だと考えているそうなのです。そして、それを多くの人々に知ってもらいたいと思っているようです。そこでそれを訴えるために、学園祭というイベントを用いて模擬献血を行う事になったそうなのです。とても良いことだと思いますね。もっとも学園祭でそのようなイベントが開催される事例は、かなり少ないですが。
このように学園祭というのは、「人々に何らかのメッセージを発する」為に活用される事があるわけです。